車の惨事で危うく父兄から割賦をするはめに!

自身は、学生時代はマイカーで通学していたのですが、通学途中に2度大きなマイカーの悲劇を起こしてしまいました。初めは、真冬の朝、下り坂を走っていて障害がロックしてしまい、マイカーが止まらなくなり、サインスタンバイで止まっていたマイカーに後ろからぶつかってしまいました。方をひいたわけではなかったので、警察を呼び、悲劇処理を通してもらい、和解が成立しました。和解財産は50万円でした。当時、バイトで一応金額を貯めていたので、問題はなかったのですが、危うく父母から借入れを通して、和解財産を支払う職場でした。また、2度目はカレッジからの舞い戻り、大きな交差点での悲劇でした。2度目も相手方がマイカーだったので、初めと共に、警察を呼んで、悲劇処理を通してもらい、和解が成立しました。2度目は相手方が商店商いの方だったので、認可に損傷を擦り込みたくなかったので、和解が成立しました。和解財産は70万円でした。バイトで貯めていた金額も70万円を払ったところで、下をつき、3度目の悲劇を起こすと、借入れをすることになるので、とにかく安穏オペをすることに勉めました。それからは仲よしからゲームに誘われても、お金がなく断わる日々が続きました。何とかして、金額を貯めようとバイトを腹一杯して、その後は父母から借入れをすることなく、社会人になることができましたが、完了旅行に行くことができず、完了種別で、その話題になったときに、「いく売り物だったのか」と、痛感しました。そのときに金額に困っていたことを思い起こします。ペアーズ登録できない?入会方法はこちら

車の惨事で危うく父兄から割賦をするはめに!